Anker ワイヤレスイヤホン レビュー   【Anker Soundcore Liberty Neo 2】

≪当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています≫
商品

皆さん、おはこんばんにちはー!

今日は3か月前に購入したワイヤレスイヤホンがとっても使いやすいので

そのレビュー記事になります

ワイヤレスイヤホンお探しの方の参考にしてもらえたらと思いますー

ワイヤレスイヤホンのススメ

まずは有線のイヤホンを使っている方へ

一度でいいのでワイヤレスイヤホンを使ってみて下さい!!

今まで一度は感じたことがあるモヤッとがきっと解決されると思います

よくある有線モヤッとポイント
  • コードがぐちゃぐちゃ絡まる
  • 各デバイスの規格によって接続できない
  • 使用中にコードが何かに引っかかって耳痛い
  • イヤホン使用中は充電器差し込めない
  • デバイスから離れられない

唯一、”規格により使用できない”はワイヤレスでも、たまーにあるので何ともですが

あとはすべてコードがあるせいなので

ワイヤレスにするとすべて解決できます

Anker Soundcore Liberty Neo 2

基本情報
  • メーカー   : Anker
  • 発売日    : 2021年5月25日
  • 価格(定価)   : 5,990円(税込み)
  • 防水規格   : IPX7
  • 再生可能時間 : 最大10時間
  • 充電時間   : 約2時間
  • Bluetooth規格 : Bluetooth 5.2
  • 動作範囲   : 10m
  • 付属     : 充電ケース、USB-C&Aケーブル、イヤーチップ(S,M,L)、マニュアル
created by Rinker
¥6,490 (2024/06/19 14:20:41時点 楽天市場調べ-詳細)

皆さんご存じのAnkerから発売されていてAmazonで8,807評価があり4.3とかなりの高評価

これだけでもかなり信頼の指標にはなりますよね

1万円以下の低価格でワイヤレスイヤホンをお探しの方にはかなりお勧め!

というのも僕も実際3か月使ってみて特に不具合もなく非常に!使いやすいからです

細かい仕様にいてもご紹介します

おすすめポイント

防水性(規格IPX7)

よくスマホやこういったワイヤレスイヤホンで見かける『IP〇〇』ですがこのIPとは

international protection の略で直訳は”国際的な保護”なのでその後の数値によって

国際規格で決められた保護性能の数値となります

なので使用する環境によってこの数値を見て購入するといいかと思います

IP〇XやIPX〇のXは防水と防塵どちらかだけについて表示しているということです

IP〇Xは防塵性についてIPX〇は防水性について示しており

防塵については7段階と防水性については9段階でそれぞれ評価していて

数値が大きくなればなるほど保護性能が高いことを表しています

防塵性
等級IPコード保護内容
0IP0X保護されていない
1IP1X直径50mmの物体が入らない
2IP2X直径12.5mmの物体が入らない
3IP3X直径2.5mmの物体が入らない
4IP4X直径1mmの物体が入らない
5IP5X悪影響を及ぼす程の粉塵が入らない
6IP6X粉塵が入らない
XIPXX評価していない
防水性
等級IPコード保護内容
0IPX0保護されていない
1IPX1垂直に落ちてくる水から保護
2IPX2垂直+15度以内に落ちてくる水から保護
3IPX3垂直+60度以内の散水から保護
4IPX4あらゆる方向からの飛沫から保護
5IPX5あらゆる方向からの噴流から保護
6IPX6あらゆる方向からの暴噴流から保護
7IPX7一定間、一定圧力の水中でも浸水しない
8IPX8継続的に水没させても浸水しない
XIPXX評価していない

これを目安に探してみて下さいね

Soundcore Liberty Neo 2は”IPX7”なので

防塵性は評価していない

防水性は一定間、一定圧力の水中でも浸水しない

となっています

いつも粉塵の中で使用することがなければ

ちょっと浸水しても大丈夫なこれはかなり使いやすく

僕もよシャワーしながら使っていますが今のところ全く問題ないです

Bluetooth規格5.2

Bluetoothの性能もVersionがあり数値が大きくなるほど新しく性能も強化されて行っています

1999年から始まり最新は2021年7月13日に発表されたVer5.3が最新となります

大きく変わったのはVer4.2からVer5の変化が大きく

Ver4.2からVer5
  • 通信距離 400メートル【Ver4の4倍】
  • 通信速度 2Mbps【Ver4の2倍】
  • 通信容量 8倍
  • 省電力性の強化【LE(Low Energy)】
  • メッシュネットワーク接続

簡単にはより早く、より安定して、より長く使えて複数のデバイスと繋がれるようになったんです

これからどんどん新しくなっていくので少なくともVer5.0以上を選ぶようにしましょう

3サイズのイヤーチップ

S・M・Lのイヤーチップが付属しているので耳の穴の大きさに合わせて簡単に使えかえられます

耳の大きさや形状は人それぞれですし

なんといっても密閉性はとても重要だと思うので細かいところですが

自分も今はSサイズを使っているのでMしかなかったら

使用感もいい評価ができなかったのかと思います

コンパクト(ケース、イヤホン本体とも)

ケースサイズはW8.15 x D3.65 x H3.3 cmと長方形でかなりコンパクト

基本持ち運ぶものなのでこれもワイヤレスイヤホンとしては重要視したいところ

イヤホン本体も特にでっぱりとかもなく基本耳自体に収まるので

飛び出たところがぶつかったり見た目がごつくて目立ったりがありません

ブランドの信頼性

世界でも大手メーカーのAnkerともあり無料保証が18ヵ月もあり

公式ホームページの一番下の方にあるお問い合わせから返品や交換についても

メールなどでやり取りが簡単です

万が一のことも考えるとこれも安心できるいいポイントです

まとめ

anker soundcore liberty neo 2おすすめポイント
  • 防水性(規格IPX7)で雨でもシャワー中でも汗かいても気にせず使える
  • Bluetooth規格5.2で安定して高音質
  • 3サイズのイヤーチップで形が合わないがなくせる
  • コンパクトで持ち運びも困らない
  • ブランドの信頼性で長期保証と問い合わせもしやすい
created by Rinker
¥6,490 (2024/06/19 14:20:41時点 楽天市場調べ-詳細)

以上、anker soundcore liberty neo 2のレヴューでした!

低コストでワイヤレスイヤホン試したい方とかほんとおすすめです

ネットショップだと何故か定価より高いところもありますがAmazonだと定価通りで買えるので

Amazonがおススメです

僕は料理を作るときや朝の出勤準備をするときに動画見てたりするのでそんなときは

動き回ったり雑音が結構あるのですがこれなら気にせず快適に動画視聴できるし

仕事では最近ビデオ通話の機会がかなり増えたのでそんなときもこれ使ってます

ストレスフリーなワイヤレスイヤホン生活始めてみましょー

ではまたー👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました